森田童子さん ドラマ「高校教師」の主題歌「ぼくたちの失敗」が大ヒット

1993年に大ヒットしたドラマ「高校教師」の主題歌が大ヒットした森田童子さんが死去されました。

 

死因は心不全とのことです。

66歳でした。

 

アラフィフ世代の私が森田童子さんを知ったのは、ドラマ「高校教師」の主題歌となった「ぼくたちの失敗」を聴いた時でした。

 

もう、この曲を聴いた時の衝撃といったら忘れることはできません。

 

曲を聴いている時は、どんどん曲の世界に引き込まれていって、別の世界に行ったような感覚になりました。

 

自室でテレビを見ていて、この曲が流れると、部屋全体の空気が変化したのがよくわかりました。

 

大ヒットした当時は、時代背景もあって「暗くなる曲」と周囲では言っていた人もいましたが、明るい暗いというレベルで語れる曲ではありませんでした。

 

ドラマ「高校教師」の開始時にかかるこの曲によって、名作のドラマの世界に入っていく心の準備をさせてもらいました。

 

また、ドラマ「高校教師」の挿入歌にもう一つ森田童子さんの曲がありました。

 

たとえばぼくが死んだら」という曲です。

 

ドラマ「高校教師」の最終回でのクライマックスシーンに流れた曲です。

 

この曲も、とても引き込まれてしまう曲で、ドラマ放映から25年が過ぎた今でも、はっきりと耳に残っています。

 

これらの曲がヒットした1993年には、森田童子さんは既に引退をしており、メディアにも出ることはなかったので、より伝説のシンガーソングライターとなっていました。

 

なお、森田童子さんは芸名で笛吹童子が由来だそうです。

また、常にサングラスをかけていて素顔を見せることはなかったそうです。

本名は非公開とのこと。

 

森田童子さん、素晴らしい名曲をありがとうございました。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

参考

1)ドラマ「高校教師」

真田広之さんと桜井幸子さんの主演で1993年放映のドラマです。

私は、毎回ビデオに録画して何回も見ていました。

最後のシーンは未だにはっきりと目に焼き付いています。

 

 

2)「ぼくたちの失敗」

私にとっては、永遠の名曲です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です