大谷翔平、自打球当てた翌日に代打決勝ホームラン OPSは.873に MLB Videoより

 

2018/07/08(日本時間9日)

 

大谷翔平選手、アナハイムで行われたロサンゼルス・ドジャース戦の7回に代打で出場。

 

見事、センターオーバーの特大ホームランを放ちました。

 

前日の7日(日本時間8日)には、最終打席で自打球を右足にあてるというハプニングがあり、その影響もあってか、先発を外れピンチヒッターでの出場となりました。

 

そのような背景から、あまり、大きな期待はできなかったのですが、そこはさすがに大谷翔平選手です。

 

我々ファンの心配をも吹き飛ばす、特大のホームランを放ってくれました。

 

なお、この日までの大谷翔平選手の打撃成績は、打率.275、OPS.873となりました。

 

それでは、動画で振り返ってみましょう。

 

 

MLB Videoより

 

前日の7日(日本時間8日)、大谷翔平選手、自打球を右足にあてる。

かなり痛そうです。。。

 

 

そして、代打で特大ホームランを放ったシーンです。

心なしか、大谷翔平選手ベースランニングの際に足を引きずっているようにも見えます。

 

 

スタットキャストによると飛距離は443フィート(約135m)とのこと。

 

 

大谷翔平選手とトラウト選手がお辞儀をして握手をするシーンがあります。

トラウト選手のお辞儀もしっかりと板についてきましたね。

 

一発で試合の流れを変える素晴らしいホームランでした。

 

 

また、明日も応援しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です