Apple Watch 手首検出がオンになったまま

Apple Watchに異変が。。

愛用しているApple Watch(バージョンは初代、いわゆる無印です。)ですが、なぜか昨日から「手首検出」機能がオンになってしまったようで、頻繁にロックされて、パスコードの入力を求められます。

 

私はぴったりと手首に装着するのがいやなので、いつも緩めに装着しています。

そうすると、すぐに手首検出機能が発動して、時計をはめていないとみなされて、ロックされてしまうのです。

 

ですので、常に手首検出機能は常にオフにしています。

 

回復を試みるけど。。

覚えはないけど、なんらかの拍子で手首検出機能がオンにされてしまったのかなあと思い、IPhoneのApple Watchアプリから、

「マイウォッチ」→「パスコード」→手首検出をオフ

にしました。

あっさり、直ると予想したのですが、予想に反して同じ状態のままでした。

何度も繰り返しましたが、結果は同じ。

ネットでも検索してみましたが、解決策はみつからず。

途方に暮れて、かつ眠気が襲ってきたので、昨夜は解決しないまま寝てしまいました。

 

あっさりと

翌朝になって、外に出るときにAppleWatchを装着して、改めて手首検出問題が解決していないことに気付きました。

 

スターバックスに入って、ノマドワークをしていると、ふと

「あ、そうだ、AppleWatch自体の設定に手首検出ってあったはず」

と天の声が降ってきました。

 

早速、AppleWatchで

「設定」→「パスコード」→「手首検出」オフに

 

これで、めでたく解決しました。

よかった、よかった。

 

それにしても、なんでiPhoneのAppleWatchアプリの設定と連動しなかったんだろう??

 

謎は残ります。

 

Apple Watch Series3 欲しいなあ

ところでなのですが、私が今持っているのは初代AppleWatchです。

いつの間にか、現在のものから2世代も古いものになってしまいました。

最新版Apple Watch Series3は、eSIM対応でGPS付き、とっても魅力を感じますね。

うーん、やっぱり欲しいなあ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA