MacBookの液晶画面に線が入るようになり、修理して復旧した件

愛用しているMacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)の液晶ディスプレイに、線が入るようになってしまいまいた。

 

縦線、横線の両方とも入ります。

 

縦縞、横縞といっても良いかもしれません。

 

液晶モニターの角度を微妙に変化させると、線が消えることもあるのですが、その後もたびたび線が現れます。

 

さすがに、このままでは使用できないので、修理しようと思い、いろいろと探ってみました。

 

 

1 AppleCare+の保証期間を確認

Apple製品の故障修理といえば、まず始めにAppleCareおよびAppleCare+を確認します。

 

このMacBookは、AppleCare+にも加入していたので、保証期間を確認しました。

 

しかし、残念ながら保証期間が過ぎていました。。。

 

こうなると自力で修理するしかありません。

 

この時点で、修理の値段、価格が頭にのしかかってきました。

 

 

2 NVRAMの不具合の可能性もあるとの情報があった

いろいろと情報を探していくと、まずはハードウェア故障の可能性が一番疑われました。

 

しかし、ハードウェア故障の場合は修理に出すしかなく、費用も数万円はかかりそうです。

 

そんな時に、NVRAM(不揮発性ランダムアクセスメモリー)の不具合の可能性もあるという情報を見つけました。

 

自分としては、ハードウェア故障の可能性が高いと思いながらも、NVRAMの不具合の復旧方法は、簡単に出来、しかも費用もかからないため、一縷の望みにかけてみることにしました。

 

 

3 NVRAMのリセット

NVRAMの不具合を復旧するにはNVRAMのリセットを行います。

 

NVRAMのリセットはとても簡単です。

 

<NVRAMのリセット方法>

  • 一度電源を切る。
  • 電源ボタンを押した直後に、「option」+「command」+「P」+「R」の4つのキーを長押しします。
  • 長押しする時間は約20秒で、その後キーから指を話します。

 

Appleサポートの参考ページ

 

 

4 MacBookの液晶画面から線が消えた

NVRAMをリセットして起動した気を揉みながら液晶ディスプレイを見ていたところ、なんと、あれほど悩まされたMacBookの液晶画面に出ていた線がなくなりました。

 

ハードウェア故障だと思っていたので、まさかこの方法で復旧するとは思ってもみなかったことだったので、とても嬉しかったです。

 

NVRAMのリセットを試しみて、とてもよかったです。

 

MacBookの液晶画面に線が入る場合は、ぜひこの方法を試してみてください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA