辛すぎる月曜朝の憂鬱「ブルーマンデー」という妖怪を痛快に乗り切ってやろうじゃないか

この記事を書いているのは、月曜の朝。

まさにブルーマンデーがピークを迎えている時間帯です。

 

毎週毎週、憂鬱な月曜日、憂鬱な月曜日の朝を迎えている自分に腹が立ってきました。

 

 

1 しかし、何歳ごろからブルーマンデーが続いているのだろうか

しかし、自分の人生で何歳ぐらいからこの憂鬱な月曜日の朝、ブルーマンデーが続いているのだろうか。

 

ちょっと振り返ってみましたが、あまり思い出せません。

 

しかし、程度はありますが、少なくとも就職をした時からブルーマンデーはあったと思います。

 

学生の頃はあったのだろうか?

 

うーん、思い出せないですが、少なくとも大学生の頃はなかったです。

 

高校生のころは、どうだったんだろう。

あまり高校が好きじゃなかったので、もしかしたらブルーマンデーがあったのかもしれません。

 

中学生、小学生のころは、さすがにブルーマンデーはなかったと思います。

 

とはいえ、就職してからブルーマンデーが続いていたら、もう20年も続いています。

 

なんでこんなに同じことを繰り返しているんだと、いい加減自分に呆れてきましたので、もうこうなったらこのブルーマンデーという妖怪を痛快に乗り切ってやろうじゃないかと思っています。

 

 

2 妖怪「ブルーマンデー」を痛快に乗り切ってやるためにとった作戦

そこで、妖怪「ブルーマンデー」を痛快に乗り切ってやるために、日曜の夕方から月曜の朝にかけて、とった作戦をあげてみます。

 

1)ツイッターで日曜の夜と月曜の朝にかけて検索をする

ツイッター検索で日曜の夜から月曜の朝にかけて

「憂鬱」

「辛すぎる」

「サザエさん症候群」

「ブルーマンデー」

などと検索してみましょう。

 

すると、出てくるは、出てくるはでたくさんのご同輩、ブルーマンデーになっている人が出てきます。

 

客観的にみると、とても面白くなってきます。

思わずクスッとしてしまう投稿もけっこうあるんです。

 

そして、こんなにも仲間がいるんだと、なにやら連体感まで出てきます。

 

こんなに多くの仲間たちがいるのだから、妖怪「ブルーマンデー」の一匹や二匹は退治できそうです。

 

2)ちょっと上がった気持ちを継続させてみる

ブルーマンデーになっているご同輩のちょっとクスッとさせるつぶやき、投稿をみて上がった気持ちを継続させます。

 

もう、こうなったら、やけくそで笑顔を保ちましょう。

妖怪「ブルーマンデー」を倒してみることを想像しましょう。

上に向いた気持ちを継続することができます。

 

3)外に出て、電車に乗ってリアルな人の表情を観察してみる

そして、上に向いた気持ちのまま、通勤の準備をして、外に出ます。

 

ここからは、総仕上げです。

 

駅に行く人の表情を観察しましょう。

 

多くの人が、ものすごくドヨーンとした憂鬱な表情をしていませんか。

 

日曜日の街にいる人の表情と比べてみましょう。

 

まるで、処刑台にこれから上がるかのような表情をしているではないですか。

 

そして、電車の中の閉ざされた空間だと、そのドヨーン具合がもっと顕著です。

 

多くの人の表情がドヨーンとしているだけでなく、閉ざされた空間なので、その空気自体が憂鬱感が充満しているではないですか。

 

この時の人の表情、空気をよく観察してみましょう。

 

こんなに強烈な負のパワーが充満している空間は、なかなかないですね。

 

こんなにも、ものすごい負のパワーがあるのですから、妖怪「ブルーマンデー」は一目散に逃げて行ってしまうことでしょう。

 

 

3 これでブルーマンデーは乗り切れるはず!

ここまで読んでいただいて、お気づきと思うのですが、妖怪「ブルーマンデー」は強敵ですので、一人では立ち向かうことはできません。

 

ネット上のつぶやき、街行く人、電車の中の人などの多くのご同輩の助けを借りて、妖怪「ブルーマンデー」を退治するものなのです。

 

さあ、今日も妖怪「ブルーマンデー」を痛快に退治してやろうじゃありませんか!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA