【iPhone】Safariを非表示にする方法 子供の勉強用iPhoneなど

iPhone(iOS)の標準ブラウザアプリであるSafari(サファリ)。

 

このSafariを消す方法、非表示にする方法を紹介します。

 

 

1 Safariを非表示にしたい時ってどんな時

iPhoneの標準ブラウザであるSafari、とても便利なアプリなのですが例えば次のような時にはSafariを非表示、消したいと考えると思います。

 

  • 子供に勉強用としてiPhoneを渡すとき
  • 別のブラウザ(chrome等)しか使わないと決めたとき
  • ネットサーフィンをしないと決めたとき

 

このような時は、思い切ってiPhone上から非表示にした方が良いです。

 

 

2 iPhoneからSafariを非表示にする方法 

それでは、iPhoneからSafariを非表示にする方法、消す方法を紹介します。

とっても簡単です。

 

「設定」→「スクリーンタイム」をタップ

 

 

「コンテンツとプライバシーの制限」をタップ。

 

 

「許可されたApp」をタップ。

 

 

Safariのチェックをオフにする。

 

 

これでiPhoneにSafariが表示されなくなります。

 

 

3 Safariを再表示、復活させる方法

Safariを再表示、復活させる方法も紹介します。

 

上記と同様に

 「設定」
  ↓
 「スクリーンタイム」
  ↓
 「コンテンツとプライバシーの制限」
  ↓
 「許可されたApp」

の順にタップします。

 

Safariのチェックをオンにする。

 

これでiPhone上にSafariが再表示、復活しました。

 

 

4 スクリーンタイム・パスコードの設定

子供の勉強用にiPhoneを貸す際には、設定を勝手に変更されないようにスクリーンタイム・パスコードの設定を行います。

 

「設定」→「スクリーンタイム」→「スクリーンタイム・パスコードを使用」をタップ。

 

 

スクリーンタイム・パスコードを設定します。

 

これで、パスコードを知られない限り設定を変更することはできなくなりました。

 

 

5 まとめ

何らかの理由でiPhone上からSafriを非表示にしたい時にはこの設定を実施してみてください。

 

再表示、復活も簡単にできますのでおすすめです。

 

 

6 関連記事

【iPhone】ゲーム時間を制限する方法 安心して子供に使用させるために

 

【iPhone】右にスワイプして左から出るニュース等を表示させない方法

 

【iPhone】AppStoreを非表示にする方法

 

【iPhone】右スワイプして左に出るspotlight検索で特定アプリを除外する方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA