IPO スプリックス(7030) ブックビルディング 抽選結果

先日、新規株式公開(IPO)、スプリックス(7030)のブックビルディングに抽選申し込みしました。

 

関連記事:

IPO スプリックス(7030) 抽選申し込みました ブックビルディング

 

そして、抽選結果の発表がありました。

 

 

結果は、、、、

 

 

補欠当選

 

 

でした。

 

補欠当選というと微妙な感じですが、まあ落選よりはよいので、良しとします。

 

ところでなんですが、野村證券の補欠当選って繰り上がるのでしょうか。

 

 

1 野村證券の補欠当選は繰り上がるのか?

ネットなどの情報から推測すると、野村證券の補欠当選は、まず繰り上がることはなさそうです。

 

繰り上がりは、都市伝説とも言われているそうです。

 

こんな中で、購入申し込みにエントリするのか、考えてみました。

 

 

2 購入申し込みにエントリするのか?

スプリックス(7030)の購入申し込み期間は、

2018/06/21(木)06:00 ~ 2018/06/25(月)15:00

です。

 

野村證券で補欠当選になっても、購入申し込みにエントリせずに、その資金を他のIPO等にまわす人も多いようです。

 

 

では、私の場合は、どうするか?

 

結論から言うと、購入申し込みにエントリします。

 

その理由は、次の2つです。

 

1)野村證券のブックビルディングは抽選時に資金なしでもOKだから

野村證券のブックビルディングは、抽選申し込み時には資金なしでもOKなのです。

購入申し込み時点で資金を野村證券の口座に入れれば良いのです。

 

資金の移動は、けっこう煩雑です。

 

そうすると、この資金移動を煩わしがって、当選となっても購入申し込みをしない人も出てくるのでは、という推測からです。

 

まあ、甘い期待かもしれませんが。

 

 

2)スプリックス(7030)の成長性に魅力を感じています

スプリックス(7030)は、個別指導塾をはじめとした教育事業を展開している企業であることは前の記事にも書きました。

 

この個別指導塾は、いまの小中高生にかなりの人気を誇っています。

 

そして、スプリックス(7030)が運営している「森塾」は、かなりの勢いで教室を新規に設立しています。

 

この個別指導塾というトレンドに乗った運営方式と、「森塾」の勢いは投資家としてはとても魅力に感じます。

 

 

3 まとめ

そんなわけで、可能性は低いながらもスプリックス(7030)の購入申し込みにエントリしようと思います。

 

繰り上がることを信じて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA