与沢翼さんの金言に触れて

与沢翼さんの動画を見ていたら、あまりにも金言ばかりでしたので、知らないうちに背筋を伸ばしてメモをとっていました。

 

ここでは、その金言を紹介します。

 

 

1 「“秒速1億男”与沢翼に金持ちになる方法を学びにドバイへ行く(前篇、後篇)」

観た動画は、テレビ朝日のEXD44という番組で、

というものでした。

 

テレビ朝日の植岡耕一プロデューサーが、与沢翼さんにお金持ちになる方法を教えてもらうため、1日半密着取材をするというものです。

 

 

2 ぐいぐい引き込まれてしまった

最初は何の気なしに動画を観ていました。

 

前篇では、会社経営失敗から3年半でFXや仮想通貨への投資で復活するまでの道のりが紹介されました。

 

ここまでは、ごく普通の展開でしたが、後篇になるとぐいぐいと引き込まれて行きました。

 

後篇では、与沢翼さんがテレビ朝日の植岡プロデューサーにお金持ちになる心構えを語っています。

 

ここからは、完全に引き込まれてしまい、知らないうちに背筋を伸ばしてメモをとっていました。

 

まさに、自分に言われているような気持ちになり金言の連続でした。

 

 

3 与沢翼さんからの金言

1) お金に対するスタンス

・「お金に魂を売ったぐらいお金の事ばかりを考えているお金を稼がないと生きている意味がない。ずっとお金のことを考えている。」

 

・「フェラーリを買うと決める。心がすべて。人生が変わる。」

 

・「お金に執着するきっかけは、いじめられたこと。小6の三学期に転校していじめられた。中学に入ってグレて土下座して謝らせた。非行は力だった。それがお金に変わっていった。」

 

 

2) 経営破綻に追い込まれてからの復活までに考えたこと

・「経営破綻となり、西新宿の家賃15万円のワンルームマンションに引っ越さざる得なかった。この時、刑務所にいるのかなという感覚だった。」

 

・「絶対にここから出たい。先輩に飼いならされているおもちゃだとしか思えなかった。」

 

・「その後、3ヶ月でワンルームマンションから出た。本当に地獄だと思った。」

 

・「3ヶ月でワンルームマンションから出て、住んだのが品川のタワーマンションの最上階。3ヶ月で月に1000万円稼ぐようになっていた。やっと苦痛から離脱した。」

 

 

3) 植岡耕一プロデューサへのアドバイス

・「フェラーリ1台も買えないような貯金しかなくて、どうして楽しそうに生きていられるのか? バカに見える。目に魂が入ってないことがすぐにバレる」

・「『疑問を持つ。怒りを持つ。不満を持つ。』まずここから始める。」

・「ムカつくことがあったら心に刻む。忘れてはいけない。」

 

・「ムカつく感情を回避するにはどうすればいいのかを考える。自分が上に行けばいいんだという考えになる。」

 

・「悔しいという感情がなければダメ。」

 

・「人は人、自分は自分、なんて言っているのは逃げ。

 

・「立ち上がる時はバカになる方がいい。クレイジーな人の方が成功する。」

・「苦痛からの離脱が重要。苦痛とは、例えば会社に出社しなければいけないということ。」

 

・「(自分が)一般の社会に溶け込んでいる感がだめ自分は特別だという意識がある。何も考えない人たちと同じ空気も吸いたくない。(一緒に)並びたくない。目も合いたくない。見られたくもない。絶対に一般社会に溶け込むのはいやだ。」

・「毎日定時に出社して通勤電車に乗って、というのをやれてしまうのがダメ。絶対に離脱しなければいけない。人間苦痛から離脱する時はエネルギーを使う。」

・「私が植岡さんのようなワンルームに住ましてもらったら、1日で耐えられない」

 

・「会社に『自分の時間を1ヶ月拘束するなら3000万円ください』と言ってみてください」

 

・「だめだと言われたら、辞めてください。これが怒りです」

 

・「これをクレイジーと思うからダメなんだ。そのくらいのバリューを出せると思わないとダメ。どうしたらお金になるんだろうと考えないと。」

 

・「月3000万円ぐらい入らなきゃ生きて行けない。毎月1戸マンション買えないじゃないですか。」

 

 

4 まとめ

与沢翼さんの独特な表現なので、ややもするとトゲトゲしい表現ではありますが、本質を突いています。

 

本当に、与沢翼さんの発言一つ一つが金言でした。

 

怒り、苦痛から離脱するために、まずは怒り、苦痛を心に刻み、逃げずに立ち向かわなければと決意を新たにしました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA