大道芸人さんの芸を見て、おどろいた推定収入の話

公園で大道芸人さんの芸をみてきました。

 

多くの投げ銭をもらっていて、思わずどのくらいの収入、年収なのか計算してみました。

 

とっても驚きでした。

 

 

1 大道芸人さんの芸を見てきた

先ほど、公園に行ってきました。

 

天気はやや曇りなので、公園の人出も、花見の季節などと比べると多くはなく、通常の土日祝日といった感じでした。

 

少し歩くと人だかりができていました。

何かなあと思って、近くに行くといわゆる大道芸人さんが、芸をしていました。

 

私も数年前から何回か見たことのある大道芸人さんで、手品が得意な大道芸人さんです。

 

面白そうなので、ずっと見ていました。

 

そして、最後の芸(手品)も終わり、大道芸人さんが帽子を逆さにして、投げ銭をもらうため、まわりはじめました。

 

 

2 大道芸人さんがもらう投げ銭

すると、驚いたことに、それになりに多くの人が1000円札もしくは500円玉を入れていました。

 

途中まで数えていたのですが、途中から何人か同時に投げ銭を入れていたので正確には数えられませんでしたが、おそらく8千円から1万円はあったと思います。

 

そのあと、しばらく散歩をして、20分ぐらいして元の場所に戻ってきたところ、また同じ大道芸人さんがパフォーマンスをしていました。

 

パフォーマンスの終盤でしたので、そのまま投げ銭のところまで見ていると、また同じ金額ぐらいの投げ銭がありました。

 

3 大道芸人さんの推定日収、月収、年収

私の予想をはるかに超えた投げ銭の金額だったこともあり、大道芸人さんの日収、月収、年収を計算したくなってみました。

 

20分に1回は公演していることから、1時間に3公演はすることでしょう。

 

そして、4時間滞在するとして、休憩時間も考慮すると1日に10公演はできるのではないでしょうか。

 

そうすると1公演あたりの投げ銭が8千円から1万円ですので、1日あたり8-10万円です。

 

そして、土日に毎週公演を行うとしたら、月8回として月収は64-80万円です。

 

年収にすると、なんと推定768-960万円になります!

 

サラリーマンの平均給与は500万円とも言われているので、それよりもかなり上です。

 

もちろん、お天気の関係もありますし、季節によって人出の関係もあると思いますが、それにしても土日だけでこの高収入とは、驚きです。

 

 

4 なぜ、投げ銭の金額が多かったのか

ところで、その大道芸人さんは、見せ場の芸(=手品)をする前に次のようなことを言ってました。

 

「もしこの芸が良いと思えばぜひ投げ銭をお願います。」

「ただ、私は大道芸人だけで食べていますので、1円とか10円では食べれなくなって大道芸人は続けられなくなります。(おもちゃの500円玉を見せながら)これでお願いします。」

「もっと嬉しいのは、(千円札をモチーフにしたタオルを見せながら)これです」

 

この大道芸人さんが多くの投げ銭をもらえる秘訣はまさにここにありますね。

 

自分の望んでいることを正直にアピールすること。

 

これが、なりたい自分になる、秘訣だと再認識しました。

 

大道芸人さんに勇気をもらった一日になりました。

 

 

5 追記

(2018.10.21.追記)

大道芸人さんの芸をみてきました。

 

1回あたりの公演で入れられていた投げ銭は、上記した8,000-10,000円よりももっと多く、20,0000-25,000円程度でした。

 

となると、大道芸人さんの推定年収は、もっと上になると思います。

 

 

6 追記2:花見の季節

(2019.04.08.追記)

お花見の季節に公園に行ってきました。

大道芸人さんがいつもいる場所に行ってみると、、、

 

 

そこには大道芸人さんの姿は見当たらず、シートの上に花見客がたくさんいるという状態になっていました。

 

お花見の季節は、大道芸人さんの場所がなくなってしまうのです。

 

これは炎天下の日も真冬の日も常にいた大道芸人さんですが、お花見の季節だけは場所がなくなってしまうのですね。

 

お花見の季節は大道芸人さんにとっては、真冬の季節だったのでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA