「あまくない砂糖の話」を観てシュガーフリーにしたよ

Amazon Prime Videoで

あまくない砂糖の話

を観ました。

 

 

砂糖を1日スプーン40杯とるという生活を60日間続けたらどうなるかというドキュメンタリー映画です。

 

これで、砂糖を断つ、シュガーフリーの生活にする決心がつきました。

 

 

1 イントロダクション

 俳優のデイモン・ガモーは、人間は平均で1日にティースプーン40杯もの砂糖を取っていることを知る。

 そこで自らの体を使い、一日にティースプーン40杯分の砂糖を60日間にわたって摂取するという実験に乗り出した。

 砂糖を摂り続けているガモーの体にも異変が起こり始める…。前代未聞の実験の驚きの結果とは?

「あまくない砂糖の話」公式サイトより抜粋

 

 

1日40杯分の砂糖を、60日間毎日とり続けるというのは、考えただけでも恐ろしいものがありますね。

 

自らの身体を実験台にした、デイモン・ガモーはどのような心境だったのでしょうか。

 

 

2 鑑賞後の感想など

以下、気づいた点等です。

  • 砂糖を摂りすぎると覇気がなくなる。

  • 砂糖を摂りすぎるとウツになる。

  • 砂糖を摂りすぎるとだるくなる。 

  • 砂糖絶ちするときには1週間頭痛に苦しむ

  • 脳がクリアでないのは砂糖が原因

 

この映画では、砂糖がたくさん含まれているジャンクフードをとるのではなく、健康食品と思われているヨーグルトや低脂肪食を60日間食べているのです。

 

健康食品といわれているものにも、これだけ砂糖が含まれているとはとても驚きました。

 

そして、この映画を鑑賞した後は、砂糖が入っているものは、怖くて口にできなくなりました。

 

 

 

 

 

3 シュガーフリーにする決心がつきました

この映画をみて、砂糖が怖くなりました。

シュガーフリーの生活をやって見ようと思います。

シュガーフリーの生活をして18日目で表れた3つの効果

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA