Macで写真の位置情報やexif情報を削除する一番確実な方法

カメラやスマホ、iPhoneなどで写真を撮影した場合、その多くは位置情報やEXIF情報というものが保存されています。

 

これらの情報は、とても便利なのですが、これらの情報がSNSなどにアップするなど他人に渡ってしまうと、写真撮影場所などが特定されてしまい、情報漏洩につながってしまいます。

 

ですので、撮影した写真が他人に渡る可能性がある場合は、しっかりと位置情報やEXIF情報を削除しましょう。

 

 

 

1 EXIF情報とはどんなものか

写真と一緒に保存される次のような情報です。

・撮影日時
・撮影機器のメーカー名
・撮影機器の機種名
・画像の解像度
・GPS情報(位置情報) など

 

なお、EXIFとはExchangeable image file formatのことです。

 

 

2 EXIF情報を削除したいときの一番確実な方法

一番確実な方法は、ImageOpitimというソフトウェアを使用する方法です。

では、ImageOptimを使用する方法を見ていきましょう。

 

1)ImageOptimをダウンロードする

ImageOptimのサイトからダウンロードします。

 

 

ダウンロードしたファイルをクリックして展開します。

上記のようなメッセージが表示されるので確認してよければ「開く」をクリックします。

 

「イメージオプティム.app」というファイルが出来上がります。

このファイルをアプリケーションフォルダに移動させます。

これで準備は完了です。

 

 

2)ImageOptimを実行してEXIF情報を削除する。

「アプリケーションフォルダ」もしくは「Launchpad」から「イメージオプティム」をクリックします。

 

すると、次のウインドウが立ち上がります。

 

ここに画像ファイルをドラッグ&ドロップします。

ドラッグ&ドロップしたら処理が自動的に始まります。

ファイル名の左横にチェックマークが付いたら完了です。

 

これで無事にEXIF情報が削除されました。

 

 

3 まとめ

EXIF情報は、写真の整理の時にとても便利なのですが、いざ他人に渡ってしまうと、個人情報の流出につながってしまいます。

 

SNSでアップするなど他人に渡ってしまう可能性のある写真は、必ずEXIF情報を削除しておきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA