センター試験前日 入試前日の勉強方法、食事など過ごし方

いよいよセンター試験前日になりました。

 

前日の勉強方法、食事、過ごし方など迷う方も多いと思いますので、自身の経験を元に紹介します。

 

 

1 入試前日の勉強法

入試前日は、勉強をしない方が良いと言う人もいます。

しかし、これはごくごく一部の余裕のある受験生に向けての言葉であって、ほとんどの受験生は猛勉強をすべきです。

 

定期試験の直前を思い出して下さい。

前日に覚えたもの、前日に理解したものだけで、相当な得点を稼げたと思います。

 

センター試験、入試もそれと同じです。

 

前日はもちろん、当日試験開始直前まで猛勉強すべきです。

 

では、具体的に何をすべきかを紹介します。

 

1) 暗記事項の再確認

まずは、暗記事項の再確認をしましょう。

 

これまでの勉強で暗記本などを使っていたと思いますが、それを再度繰り返して頭に定着させましょう。

 

何度覚えても忘れてしまうという事項もあると思いますので、入試前日に頭に詰め込みましょう。

 

前日の暗記は、やはり最強です。

 

 

2) 数学などで間違えたところをもう一度解いてみる

数学や理科など、理解系の科目で間違えたところをもう一度解いてみましょう。

 

間違えるパターンは、その人にとって何度も間違えてしまうものです。

 

そして、入試直前に新たな発見があるということもよくあることです。

 

何度も間違えていた問題を解き直してみましょう。

 

 

3) 計算系の問題も少しはやる

入試直前期は、暗記科目中心の勉強になり、どうしても計算系の問題がおろそかになります。

 

入試前日には、ウォーミングアップの意味も含めて計算系の問題も1問だけやりましょう。

 

 

 

2 入試前日の食事

入試前日にどのようなものを食べるのかで迷う人も多いと思います。

 

基本的には、普段通りの食事で問題はないのですが、いくつか留意点がありますので紹介します。

 

1) 脂っこいものはなるべく避ける

脂っこい食べ物は、できるだけ避けましょう。

 

消化に負担がかかってしまい、前日の追い込みにも影響が出てしまう可能性があるからです。

 

できるだけ、あっさりしたものを食べるようにしましょう。

 

 

2) カフェインはできるだけ控える

カフェインは、睡眠の妨げになることも多いので、入試前日だけはできるだけカフェインを控えるようにしましょう。

 

特に、午後3時以降はカフェインをとるのはやめておきましょう。

 

コーラなどにもカフェインが含まれていますので注意しましょう。

 

 

3 入試前日の睡眠

1) 起床の8時間前には就寝体制に入る

入試前日の睡眠はとても大切です。

遅くとも起床の8時間前には就寝体制に入りましょう。

 

ベッドに入ったら、今日だけはスマホも我慢しましょう。

 

 

2) 万一、寝付けない時

入試前日は、不安感に襲われたり脳が興奮していたりして、寝付けないということもあるかもしれません。

 

そのような時は、横になって目だけつぶっておきましょう。

 

横になって目をつぶっておくだけで、かなり脳と体は休まります。

 

万一、一睡もできなかったとしても、8時間横になって目をつぶっていさえすれば、入試で十分に戦えるだけの休養は取れていますので、心配はいりません。

 

 

4 入試前日チェックリスト

1) 明日の持ち物の用意をしておく

持ち物の用意は確実に行いましょう。

 

受験票、鉛筆、消しゴム、お金 これだけは忘れないようにしましょう。

 

 

2) 交通機関の時刻表などを確認しておく

交通機関の時刻表などの確認もしておきましょう。

 

遅延に備えて、早めに会場に着くようにすると安心です。

 

 

3) 目覚まし時計は確実にセット

目ざまし時計は確実にセットしておきましょう。

 

万一に備えて、3つぐらい目ざまし時計をセットしておくと安心です。

 

 

5 最後に

入試前日、不安な気持ちは誰もが同じです。

入試の不安は勉強することでしか解消されません。

 

今日一日、全力で勉強して、少しでも不安を少なくして明日試験に挑みましょう!

 

 

6 関連記事

ドラゴン堀江「堀江の金言」センター試験直前の受験生へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA