Macで画面キャプチャ、スクリーンショットを撮る方法

 

Mac画面キャプチャスクリーンショットを撮る方法を紹介します。

 

WindowsにはPrintScreenというキーがあるけど、Macにはそのようなキーはありません。

 

よって、慣れてないと少し面倒ではあるのですが、効率よく覚えてしまえば簡単です。

 

 

まずは、目的別のショートカットキー操作からです。

 

 

1 目的別のキー操作

1)画面全体(ディスプレイ全体)をキャプチャする

「command」+「shift」+「3」を押下します。

デスクトップにキャプチャされた画像が保存されます。

「スクリーンショット」+数字 というファイル名で保存されます。

画面全体のスクリーンショットの例

 

補足)画面全体をキャプチャしてクリップボードに保管する

上記は、デスクトップ上にファイル形式で保管する場合でしたが、クリップボードに保管したい場合もあると思います。

 

その場合は、

「control」+「command」+「shift」+「3」を押下します。

これでクリップボードに保管されました。

 

2)画面(ディスプレイ)の一部分をキャプチャする

「command」+「shift」+「4」を押下します。

そうすると「+」のカーソルが表示されます。

マウスで「+」のカーソルを動かして、キャプチャしたい範囲を決めます。

キャプチャしたい範囲が決まったらマウスを離します。

デスクトップにキャプチャされた画像が保存されます。

「スクリーンショット」+数字 というファイル名で保存されます。

画面の一部分のスクリーンショットの例

 

 

 

補足)画面の一部分をキャプチャしてクリップボードに保管する

上記は、デスクトップ上にファイル形式で保管する場合でしたが、クリップボードに保管したい場合もあると思います。

 

その場合は、

「control」+「command」+「shift」+「4」を押下します。

「+」のカーソルが表れますので、あとは同じ操作です。

 

 

3)あるウインドウ内のみをキャプチャする

「command」+「shift」+「4」を押下します。

そのあとに、(この段階で「command」+「shift」+「4」は押下しておく必要はありません)スペースキーを押下します。

そうするとカメラマークのカーソルが表示されます。

マウスでカメラマークのカーソルを動かして、キャプチャしたいウインドウの中に持っていきます。

カメラマークのカーソルをキャプチャしたいウインドウの中に持って行ったら、マウスをクリックします。

デスクトップにキャプチャされた画像が保存されます。

「スクリーンショット」+数字 というファイル名で保存されます。

あるウインドウ内のみスクリーンショットの例

 

 

補足)あるウインドウ内のみをキャプチャしてクリップボードに保管する

上記は、デスクトップ上にファイル形式で保管する場合でしたが、クリップボードに保管したい場合もあると思います。

 

その場合は、

「control」+「command」+「shift」+「4」を押下します。

そのあとに、スペースキーを押下します。

カメラマークのカーソルが表れますので、あとは同じ操作です。

 

2 画面キャプチャ、スクリーンショットのキーの覚え方

ちょっと複雑なキーの操作で、なかなか覚えにくいかもしれませんが、整理すると案外簡単に覚えられます。

以下に整理してみますね。

 

1) 基本のキー

必ず押下するのが、

「Comamand」 + 「shift」

です。

これが、画面キャプチャ、スクリーンショットの基本のキーです。

このキーを押下しないと、画面キャプチャ、スクリーンショットは始まりません。

 

2) クリップボードに保管したい時

デスクトップ上にファイルとして保存するのではなく、クリップボードに保管する場合は、上記1)の基本のキーに加えて

「control」

を押下します。

 

 

3) 画面全体(ディスプレイ全体)のスクリーンショットを撮る

上記1)(場合によっては上記2)をプラス)にプラスして

「3」

を押下します。

 

 

4) 画面の一部分のスクリーンショットを撮る

上記1)(場合によっては上記2)をプラス)にプラスして

「4」

を押下します。

 

 

5) あるウインドウ内のみのスクリーンショットを撮る

上記1)(場合によっては上記2)をプラス)にプラスして「4」を押下した後に、

スペースキー

を押下します。

 

 

3 まとめ

上記「2 画面キャプチャ、スクリーンショットのキーの覚え方」を何回か読むと、ちょっと複雑だったスクリーンショットのキー操作も簡単に覚えることができるのではないでしょうか。

 

一度覚えてしまえば、あとは楽ですので、この機会に覚えてしまいましょう。

 

 

 

by カエレバ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA