【iPhone】パスコードを変更できないようにする設定方法

子供にiPhoneを貸す時など、iPhoneのパスコードを変更させないようにしたいシーンがあると思います。

 

iPhoneのパスコードを変更できないようにする最も簡単な設定方法を紹介します。

 

 

1 スクリーンタイム・パスコードの設定

まず、スクリーンタイム・パスコードの設定を行います。

 

「設定」→「スクリーンタイム」→「スクリーンタイム・パスコードを使用」をタップします。

 

 

任意のスクリーンタイム・パスコードを設定します。

 

これで、スクリーンタイム・パスコードを設定することができました。

 

 

2 iPhoneのパスコードを変更できないように設定する

次に、iPhoneのパスコードを変更させないようにする方法を紹介します。

iOS12で説明します。

 

「設定」→「スクリーンタイム」をタップします。

 

 

「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。

 

 

「パスコードの変更」をタップします。

 

 

「許可しない」をタップします。

 

 

これでスクリーンタイム・パスコードを知られない限りiPhoneのパスコードの設定ができなくなりました。

 

 

3 まとめ

子供にiPhoneを貸してパスコードを変更されてしまい、子供自身もパスコードを忘れしまうと、これはもう大変です。

 

そうならないためにも、子供にiPhoneを貸すとき等、パスコードを変更されたくない時はこの設定を事前にしておきましょう。

 

 

4 関連記事

【iPhone】これまで撮影した写真を非表示にする方法/写真の一括選択も

 

【iPhone】Safariを非表示にする方法 子供の勉強用iPhoneなど

 

【iPhone】ゲーム時間を制限する方法 安心して子供に使用させるために

 

【iPhone】右にスワイプして左から出るニュース等を表示させない方法

 

【iPhone】AppStoreを非表示にする方法

 

【iPhone】右スワイプして左に出るspotlight検索で特定アプリを除外する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA