心穏やかに過ごすための5つの方法

 

今日は朝からとても心穏やかに過ごすことが出来ています。

毎日、今日のように心穏やかに過ごすことができれば、人生の幸福度が2倍、3倍になるでしょう。

 

なぜ、このように心穏やかに過ごすことがきたのかを振り返ってみたところ、いくつか気づいたことがありました。

 

心穏やかに過ごす方法について書いてみます。

 

 

1 充分な睡眠をとる

心穏やかに過ごせる日のほとんどが、充分な睡眠をとった日です。

 

やはり、睡眠は快適な生活の基本です。

 

また、睡眠の質も大切だと思います。

私は、朝4時起床ですので、22時から2時の睡眠ゴールデンタイムは、ぐっすり眠っている時間です。

 

早寝早起きの方が、心穏やかに過ごせると思います。

 

関連記事:

早起きをして気持ちも上がった。神様からのギフト

 

朝4時起き始動の朝活を継続して、よく聞かれる5つのこと

 

 

2 有酸素運動をする

有酸素運動をすることも、心穏やかに過ごすためには必要なことだと思います。

 

私は、毎日20〜30分のジョギングをしています。

 

この20分のジョギングで幸せホルモンのセロトニンが放出されるのだと思います。

 

そして、この幸せホルモンが一日継続して心穏やかに過ごせるのだと思います。

 

関連記事:

30分のジョギングで自分の身体に起こる3つの効果

 

 

3 健康に留意した食事をとる

健康に留意した食事をすることも、心穏やかに過ごすためには重要なことです。

 

お菓子やジャンクフードを食べた時には、身体がだるくて仕方がなくなってしまうことは多くの人が経験していることだと思います。

 

そうならないためにも、健康に留意した食事をとりましょう。

 

特に、玄米を食べることはオススメです。

 

関連記事:

おいしい玄米をみつけました。炊き方も

 

玄米を食べることを習慣にしたとによって、身体に起こった3つの効果。

 

 

4 カフェインは摂取しない

カフェインには、覚醒作用があります。

 

この覚醒作用は、睡眠時間を削って何かをしなければならない といった時には効果的ですが、心穏やかに過ごすためには不向きです。

 

よって、カフェインは摂らない方がよいでしょう。

 

どうしてもコーヒーを飲みたくなった時は、カフェインレスコーヒー、デカフェで代用しましょう。

 

関連記事:

最近カフェインレスコーヒーを飲んでいるので、売れ筋のインスタントのカフェインレスコーヒーを飲み比べて比較してみた。

 

カフェイン断ちをして6週間で身体に表れたものすごい効果

 

 

5 砂糖も摂取しない

砂糖を摂取しないと、気分の浮き沈みが少なくなります。

 

心穏やかに過ごすには、気分の浮き沈みは少ない方がよいです。

 

ですので、砂糖はできるだけ摂取しない方がよいと思います。

 

関連記事:

シュガーフリーの生活をして18日目で表れた3つの効果

 

 

6 まとめ

心穏やかに過ごすためには、ただ待っているだけではなく、自ら心穏やかに生活するために意識して行動する必要があります。

 

ここに書いたことを実践して、心穏やかに過ごせるようにしましょう。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA